2017 Songs · October 2017 Songs

amazarashi / Philosophy (フィロソフィー) – Lyrics

amazarashi - Philosophy / amazarashi - フィロソフィー アルバム/ Album: \ 作詞/ Lyricist: Hiromu Akita 作曲/ Composer: Hiromu Akita 発売日/ Release date: 2017/10/20 KANJI LYRICS (歌詞): 辛くて悔しくて まったく涙が出てくるぜ 遮断機の点滅が警報みたいだ、人生の くさって白けて投げ出した いつかの努力も情熱も 必要な時には簡単に戻ってくれはしないもんだ 回り道、遠回り でも前に進めりゃまだよくて 振り出しに何度戻って 歩き出すのも億劫になって 商店街の街灯も消える頃の帰り道 影が消えたら何故かホッとして 今日も真夜中に行方不明 死ぬ気で頑張れ 死なない為に 言い過ぎだって言うな もはや現実は過酷だ なりそこなった自分と 理想の成れの果てで 実現したこの自分を捨てる事なかれ 君自身が勝ち取ったその幸福や喜びを 誰かにとやかく言われる筋合いなんてまるでなくて この先を救うのは 傷を負った君だからこそのフィロソフィー 都市の距離感解せなくて 電車は隅の方で立ってた 核心に踏み込まれたくないからいつも敬語で話した 心覗かれたくないから主義主張も鳴りを潜めた 中身無いのを恥じて ほどこした浅学、理論武装 自分を守って 軟弱なその盾が 戦うのに十分な強さに変わる日まで 謙虚もつつましさも むやみに過剰なら卑屈だ いつか屈辱を晴らすなら 今日、侮辱された弱さで うまくいかない人生の為にしつらえた陽光は 消えてしまいたい己が影の輪郭を明瞭に 悲しいかな生きてたんだ そんな風な僕だからこそのフィロソフィー 正しいも正しくないも考えだすとキリがないから せめて望んだ方に歩けるだけには強がって 願って破れて 問と解、肯定と否定 塞ぎがちなこの人生 承認してよ弁証法 悲しみを知っている 痛みはもっと知っている それらにしか導けない 解が君という存在で… Continue reading amazarashi / Philosophy (フィロソフィー) – Lyrics

Advertisements
2017 Songs · September 2017 Songs

amazarashi / Tarareba (たられば) – Lyrics

amazarashi - Tarareba / amazarashi - たられば アルバム/ Album: Sora ni Utaeba / 空に歌えば (single) 作詞/ Lyricist: Hiromu Akita 作曲/ Composer: Hiromu Akita 発売日/ Release date: 2017/09/06 KANJI LYRICS (歌詞): もしも僕が天才だったなら たった一つだけ名作を作る 死ぬまで遊べる金を手に入れて それこそ死ぬまで遊んで暮らす もしも僕が王様だったなら 嫌いな奴は全員消えてもらう 僕以外、皆居なくなるかもな なら僕が消えた方が早いか あなたの眠った顔見ていたら こんな僕も 悪くはないなって思えたんだ 無い物ねだりの 尽きない戯言 もしも僕の頭が良かったら 大学に行って勉強するよ 立派な仕事で親孝行して 両親が喜ぶ顔が見たかった もしも僕が優しい人だったら 困ってる人は全員助ける 見て見ぬ振りで素通りして 惨めな気持ちになるのは、もう嫌だ もしも僕が話し上手だったら 深夜ラジオのパーソナリティーになる どこかの誰かの辛い一日を 笑顔で終わらせる人になる あなたの眠った顔見ていたら こんな僕も 悪くはないなって思えたんだ 無い物ねだりの 尽きない戯言 もしも僕がミュージシャンだったなら 言葉にならない言葉を紡ぐ 誰も聞いた事無い旋律で そんな事考えていたっけな もしも僕が名医だったなら 親父の病気は僕が治す 照れくさいから言わないけどな そういうとこばっかり似てるよな あなたの眠った顔見ていたら こんな僕も 悪くはないなって思えたんだ 無い物ねだりの 尽きない戯言 もしも僕が神様だったなら 喜怒哀楽の怒と哀を無くす 喜と楽だけで笑って生きていて それはきっと贅沢な事じゃない… Continue reading amazarashi / Tarareba (たられば) – Lyrics

2017 Songs · September 2017 Songs

amazarashi / Sora ni Utaeba (空に歌えば) – Lyrics

amazarashi - Sora ni Utaeba / amazarashi - 空に歌えば アルバム/ Album: Sora ni Utaeba / 空に歌えば (single) 作詞/ Lyricist: Hiromu Akita 作曲/ Composer: Hiromu Akita 発売日/ Release date: 2017/09/06 アニメ/Anime: Boku no Hero Academia 2nd Season Opening 2 / 僕のヒーローアカデミア 2ndシーズン OP2 KANJI LYRICS: 虚実を切り裂いて 蒼天を仰いで 飛び立った永久 空に歌えば 後悔も否応無く 必然 必然 なるべくしてなる未来だ それ故、足掻け 蜃気楼 涙の川を漕ぎ出して 幾星霜 さよなら 行かざるを得ない 何を失ったとて 忘れない 悔しさも 屈辱も 胸に飾って 虚実を切り裂いて 蒼天を仰いで 飛び立った永久 空に歌えば 後悔も否応無く 必然 必然 断ち切るには眩し過ぎた 未来へ、足掻け 人を傷つけずには 本懐は遂げられず 失って構わないと思える 理想が道しるべ 笑うなら 笑ってよ 嘲笑も… Continue reading amazarashi / Sora ni Utaeba (空に歌えば) – Lyrics

2017 Songs · February 2017 Songs

amazarashi / Inochi ni Fusawashii (命にふさわしい) – Lyrics

amazarashi - Inochi ni Fusawashii / amazarashi - 命にふさわしい アルバム/ Album: Inochi ni Fusawashii / 命にふさわしい 作詞/ Lyricist: Hiromu Akita 作曲/ Composer: Hiromu Akita 編曲/Arrangement: Hiromu Akita 発売日/ Release date: 2017/02/22 KANJI LYRICS: 好きな人ができた 確かに触れ合った アスファルトより土 鋼鉄より人肌 無意識に選ぶのが 冷たさより温みなら その汚れた顔こそ 命にふさわしい 身の程知らずと ののしった奴らの 身の程知らなさを 散々歌うのだ 前に進む為に 理由が必要なら 怒りであれなんであれ 命にふさわしい こぼれた涙を蒸発させる為に 陽が照る朝を 飽きもせず こりもせず 待っている 待っている 全部を無駄にした日から 僕は虎視眈々と描いてた 全部が報われる朝を 世界を滅ぼすに値する その温もりは 二人になれなかった 孤独と孤独では 道すがら何があった? 傷ついて笑うその癖は そんなに悲しむことなんて無かったのにな 心さえなかったなら 友達ができた 理想を分かち合った 向かうべき場所に 歩幅すら共にした 裏切られたっていいと 道端ひれ伏すような 酩酊の夜明けこそ 命にふさわしい 失くした何かの埋め合わせを 探してばかりいるけど そうじゃなく 喪失も正解と言えるような 逆転劇を期待してる そしてそれは決して不可能じゃない 途絶えた足跡も 旅路と呼べ 世界を欺くに値する 僕らのこれまでは… Continue reading amazarashi / Inochi ni Fusawashii (命にふさわしい) – Lyrics

2010 Songs · June 2010 Songs

amazarashi / Sumidagawa (隅田川) – Lyrics

amazarashi - Sumidagawa / amazarashi - 隅田川 アルバム/ Album: Bakudan no tsukurikata / 爆弾の作り方 作詞/ Lyricist: Hiromu Akita 作曲/ Composer: Hiromu Akita 編曲/Arrangement: Hiromu Akita 発売日/ Release date: 2010/06/09 KANJI LYRICS: 面映い思い出一つ 紐解く手が震えています 幸せとは つまり つまり あなたのことです 古い歌口ずさむたび それと見紛う 面影を見る さわれないなら いっそ いっそ 消えてください 日暮れて連れあう 街に蝉時雨 繋いだ手と手を離さなきゃよかった 僕を支えてくれていたのは いつだって 笑いあう喜びでした 許しあういたわりでした 見落としそうな程小さな 特別達でした 隅田川花火が咲いて 散るまでには会いに行きます 移ろう季節の真ん中で全てが綺麗だった 浴衣帯 盆提灯が照らしだす 朱色の影絵 心の中 ずっと ずっと 張り付いてます 変わらない町並みふきだした二人 変わっていたのは僕等だけですね 日々を鮮やかに変えていたのは いつだって 重ねあう優しさでした 言い合える絆でした 忘れてしまう程些細な 特別達でした 隅田川花火が咲いて 散るまでには会いに行きます 移ろう季節に留る事できないと知りながら 火影に群がる虫として 僕はあなたに焦がれて 幼い強がりかなぐり捨てて 素直になれたらそれで良かったんだ 本当に欲しかったのは そこにあった笑顔だけでした それだけで僕はどこまでも 行ける気がしてたんだ… Continue reading amazarashi / Sumidagawa (隅田川) – Lyrics

2010 Songs · June 2010 Songs

amazarashi / Bakudan no Tsukurikata (爆弾の作り方) – Lyrics

amazarashi - Bakudan no Tsukurikata / amazarashi - 爆弾の作り方 アルバム/ Album: Bakudan no Tsukurikata / 爆弾の作り方 作詞/ Lyricist: Hiromu Akita 作曲/ Composer: Hiromu Akita 編曲/Arrangement: Hiromu Akita 発売日/ Release date: 2010/06/09 KANJI LYRICS: 干からびた栄光が 国道沿い 血も流さず潰れているぜ 欠陥だらけの僕らの 苦悩もこれまた無残な廃品 歌にしたって誰も聴かないし いまだに金にもならねぇし 今日も夕焼けの帰り道 くすぶってんのはどこのどいつだ 分からないものは分からないし やりたくないことはやらないし そう言ってら落伍者扱い 立派な社会不適合者 やり続けることの情熱も 今じゃ余計な不穏分子 純粋でいることの代償は つまり居場所が無いって事だ 行き場の無いイノセンス イノセンス 今に見てろって部屋にこもって 爆弾を一人作る 僕らの薄弱なアイデンティティー ひび割れたイノセンス イノセンス こんなんじゃないって奮い立って 僕は戦う つまりそれが 僕等にとって唯一の免罪符 誰よりも優しい あの子が息を潜めて泣いています 街の噂で聞いたんだ これがきっとこの世で一番の不条理 街には危険がいっぱいだから 誰にも会わず自分を守る 僕等は常に武器を探してる それがナイフじゃないことを祈る 張り裂けた胸はくっつかない セロハンテープでとめた心 またいつ剥がれるのかと 今日もびくびくしながら生きるぜ 間違ってしまった僕等の たった一つ正しい涙 潔白でいる事の代償は 誰かを傷つけるって事だ… Continue reading amazarashi / Bakudan no Tsukurikata (爆弾の作り方) – Lyrics

2010 Songs · June 2010 Songs

amazarashi / Mudai (無題) – Lyrics

amazarashi - Mudai / amazarashi - 無題 アルバム/ Album: Bakudan no Tsukurikata / 爆弾の作り方 作詞/ Lyricist: Hiromu Akita 作曲/ Composer: Hiromu Akita 編曲/Arrangement: Hiromu Akita 発売日/ Release date: 2010/06/09 KANJI LYRICS: 木造アパートの一階で 彼は夢中で絵を描いていた 描きたかったのは自分の事 自分を取り巻く世界のこと 小さな頃から絵が好きだった 理由は皆が褒めてくれるから でも今じゃ褒めてくれるのは 一緒に暮らしている彼女だけ でも彼はそれで幸せだった すれ違いの毎日だけど 彼女はいつもの置手紙 桜模様の便箋が愛しい 気づいたら夜が明けていた 気づいたら日が暮れていた 気づいたら冬が終わってた その日初めて絵が売れた 状況はすでに変わり始めてた 次の月には彼の絵は全て売れた 変わってくのは いつも風景 誰もが彼の絵を称えてくれた 彼女は嬉しそうに彼にこう言った 「信じてた事 正しかった」 絵を買ってくれた人達から 時々感謝の手紙を貰った 感謝される覚えもないが 嫌な気がするわけもない 小さな部屋に少しずつ増える 宝物が彼は嬉しかった いつまでもこんな状況が 続いてくれたらいいと思った 彼はますます絵が好きになった もっと素晴らしい絵を描きたい 描きたいのは自分の事 もっと深い本当の事 最高傑作が出来た 彼女も素敵ねと笑った 誰もが目をそむける様な 人のあさましい本性の絵 誰もが彼の絵に眉をひそめた まるで潮が引くように人々は去った 変わってくのは いつも風景 人々は彼を無能だと嘲る 喧嘩が増えた二人もやがて別れた 信じてた事 間違ってたかな… Continue reading amazarashi / Mudai (無題) – Lyrics